アーカイブ

postheadericon新しい人生をやり直す

浮気現場

夫の浮気に悩まされている奥様のなかには離婚を考えているけどなかなか踏み出せないかた、多いのではないでしょうか。
離婚を躊躇する理由には子供の親権、離婚後の生活の変化や経済的な不安が多くなっています。
特に離婚後の生活の基盤となる慰謝料に関しては、お子さんが未成年の場合や専業主婦としての生活が長かった人などは、一人で悶々と悩み続けることが多いようです。

浮気の証拠がない場合や相手が浮気していることを認めない場合もありますが、ここ数年は物的な証拠がなくても状況証拠で不貞が認められるケースが見られています。

慰謝料の請求は3年で時効が成立するため、離婚から3年が経過する前に請求を行わなければいけません。

悩み続けていても始まりません。
まずは専門の弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
今はまだ混乱しているかもしれませんが、相談していく中で自分の気持ちが整理されることや自分への自信が回復できることがあります。
つらい毎日は早く終わらせて、すっきりした気持ちで明日に向かい、自分の足で歩きだしませんか。

現代社会において浮気は多く存在し、不倫やダブル不倫などごくごく身近で行われています。
このいわゆる不貞行為を許さず、結婚しいれば夫婦関係を正常に維持できないとなると、離婚となります。
しかし、離婚と言っても簡単にできるものではなく、子供がいる場合は、不貞行為があっても夫婦関係は冷めてしまっても、子供のため婚姻関係を継続させるというほうが多いのもまた事実です。
では、この浮気による離婚における慰謝料ですが、浮気相手が支払える範囲であることは言うまでもありません。
しかし、法的な条件付けである以上、その程度によっても差が生まれます。
そこで、必ず行わなければならないことは、すぐに浮気をされ怒りや原因追及を行わないことです。

長い時間をかけ、耐え、相手を研究、相手の婚姻関係に対するマイナス部分を持つことは、非常に重要で金銭的価値を生みます。
そして、離婚する際には、必ず慰謝料をもらえる状況を作らなくてはなりません。
自らの婚姻関係の維持が不可能な理由を限りなく減らすこと、婚姻関係維持のために行ったことなどをする必要があります。
浮気発覚から、相手がこの関係を維持し続ける間にできるだけ慰謝料を多くもらえるように、我慢をし前向きに行っているふりをすることがカギです。
このように、浮気は相手にかなりの憎悪を生ませる事態でもありますが、それに伴う精神的苦痛も社会的に認められています。
逆にそうであるからこと、慎ましく、健気に婚姻関係、家族形成を行っていることが認められれば認められるほど、慰謝料の金額も比例してくるのです。

postheadericon浮気で離婚、慰謝料は

夫婦喧嘩

配偶者の浮気が原因で離婚になった場合、浮気をした側、浮気をされた側、双方ともにお金は大きな問題になります。
「慰謝料」「財産分与」子どもがいる場合は「養育費」などがあります。
夫婦の話し合いがうまくいかず「協議離婚」では納得できなかった場合、「離婚調停」となります。
調停は家庭裁判所の調停委員を通して話し合いが行われますが、これが不調に終わると、裁判ということになります。
どんなに夫婦が別れたいと思っていても、お金に関する問題で話し合いが長期化する場合、その間の生活費は「婚姻費用」として発生します。
「婚姻費用」とは、相互に扶養義務があるということで、夫と妻が別居している場合でも、収入のある夫は妻に対して生活費を援助しなくてはなりません。
慰謝料とは、不貞行為による精神的苦痛に対する損害賠償ですが、金額は、婚姻期間やその内容や収入に左右されます。

離婚原因が浮気の場合、離慰謝料の相場は100万~500万くらいですが、実質、収入がない場合は、金額面で思ったように受け取れないこともあるでしょう。

慰謝料は、浮気相手からも取ることもできます。
離婚は夫婦の問題だからと思っていると、不倫相手の夫や妻から、慰謝料請求がくることは充分ありえます。
こちらの相場は100万~150万くらいです。
慰謝料を受け取る場合は、非課税になります。

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930